Amazonを利用したことで年8万円浮きました!

こんにちは!日の本一の兵です。

本ブログでは各社の決算資料の内容及び読んだ所感をお伝えしておりますが、今回は趣向を変え、財テクについても書こうかと思います。

初回は、Amazon(Amazonカード)での財テクについて書こうかと思います。

なぜ初回にAmazonについて書こうと思ったかというと、私が最近Amazonでの買い物が非常に多くなったからです。(笑)

去年まではAmazonでの買い物を全くしなかったのですが、自分なりにいろいろと考えた結果、Amazonを利用したほうが、自分のお財布に優しいと判断したため、Amazonの利用を開始し、使用頻度が日に日に多くなりました。

まあ、いろいろと考えた結果と言いましたが、Amazonをでの買い物が多くなった1番の理由は、Amazonカードを発行したからです。

Amazonカードを発行しようと思ったきっかけは、還元率が良かったからです。

私はAmazon Prime会員なので、Amazonクラシックカードの還元率は2.0%です。(Amazonでの買い物時)

Amazon以外での買い物の場合は1.0%です。他のクレジットカードだと0.5%のところが多いため、還元率は良い方だと思います。

私はスマホで簡単に支払いができるよう、Amazonカードをスマホに登録し、IDで支払うようにしています。

例えば、普段のコンビニでの支払いはIDで払っています。Tカードや楽天ポイントを提示し、IDで支払すると合計して1.5%の還元を受けられます。(今なら、政府の2%還元もあるため、実質3.5%の還元となります。)

去年からほとんどの場面で現金での支払いをやめ、キャッシュレス決済に変えたところ、平均で2%程度の還元を受けられるようになりました。

また、還元率が良いため、Amazonでの買い物を増やした結果、予算の範囲内で収まる買い物が格段に多くなりました。 私の場合、Amazonでの買い物の方がショッピングセンターでの買い物より値段が安い場合が多く、そもそも支払う金額を抑制することができています。

近くのショッピングセンターへは電車で1駅先にあるため、往復の電車賃の費用も抑えられると考えると更にお得感を感じられます。

AmazonPrime会員の場合、配送料が無料になるケースが多いので、ぜひ利用したいですね。

去年の5月ぐらいにAmazonクラシックカードを発行してから1か月間、Amazonでの買い物で、従来の買い物方法と比べ、どれくらい費用を抑えられたかを計算したことがあるのですが、大体5000円くらいは抑えられていました。

年換算で6万円ですね。

また、キャッシュレスにしてから、100万円以上は現金払いをキャッシュレスに変えましたので、平均還元率を2%とすると2万円以上還元を受けられたことになります。

1年で8万円と考えると、少ないと考える人もいるかもしれませんが、買い物の手段を変更しただけで、8万円浮くと考えると試す価値はあると思います。

買い物の量や頻度は変えていないため、節約ストレスみたいなのも感じていません。むしろ、Amazonが手軽なので、Amazonでの買い物が生活の一部になるくらい当たり前の存在になっています。

また、1月からAmazonカードをクラシックからゴールドに変更し、還元率も2.0⇒2.5%になったので、更に還元の恩恵を享受できると思います。

さらに、Amazonゴールドカードを持つと、実質AmazonPrime会員の年会費が安くなります!

これは次回の記事あたりで書こうかなと思います。

Amazonで浮いたお金を式投資の資金にし、億り人目指して頑張ります!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です