Amazonカードでプライム会員の料金が実質無料になりました!

前回、Amazonゴールドカードを発酵すると、Amazonプライム会員料金が安くなるとお伝えしました。

今回は具体的にどうやってAmazonカードでプライム料金を安くするかを書こうと思います。

まず、いきなりゴールドを発行するのではなく、Amazonカード(クラシック)を発行することをお勧めします。

理由は、Amazon Mastercard クラシックを発行するとアマゾンポイントが5000ポイントもらえるからです!

つまり、Amazon Mastercard クラシックを作るだけで、その年のプライム会員料金が実質無料になるんです。

年会費は1350円かかりますが、初年度は無料なのと、1年以内に一度でも使用すれば翌年の年会費も無料になります。

ポイント還元率はプライム会員なら、Amazonでの買い物で2.0%、Amazon以外の買い物で1.0%です!

還元率はかなり良い部類に入ると思います。

Amazon Mastercard クラシックを作りましたら、今度はAmazon Mastercard ゴールドに移行して下さい。

年会費は11000円かかりますが、これは実質無料にできます。

Amazonカードでは、支払いについてマイ・ペイすリボ払いを選択すれば-5500円となります。

さらに、Web明細を選択すればさらに-1100円となります。(前年度の請求が6回以上の場合)

つまり、ここまでで年会費は4400円となります。

しかも、上記の年会費にはAmazonプライム会員料金が含まれています。

2020年1月現在でAmazonプライム会員料金は4900円ですので、実質Amazonプライム会員料金は4400円となります。

何とカードを持つだけでAmazonプライム会員料金が500円安くなるんです!

Amazon Mastercard ゴールドガードの還元率はAmazon利用で2.5%ですので、Amazonで1年で17万6000円以上買い物をすれば、4400円分以上のポイント還元があるため、事実上Amazonプライム会員料金が無料になります!

17万6000円というと高く思えますが、日用品や食料品の一部を普段利用しているスーパーからAmazonの利用に変更すれば、意外と、この金額はクリアできます。

では、Amazonカードを発行する具体的な手順を紹介します。

1. Amazonにログインする
2. AmazonMasterCardのリンクからクラシックカードを選択する
3. 5000ポイント獲得の文言があるのを確認したうえで申し込みをする
この時にMyペイすリボを申し込んで下さい!
4.クラシックカードが届いたらまずvPassを登録する
5. Web明細を申込する
6. Myペイすリボの月の支払額をカードの限度額に設定する
7. Amazonゴールドカードへの切り替えを申し込む
8. ゴールドカードが届いたらまずvPassに追加する
9. Myペイすリボの月の支払額をゴールドカードの限度額に設定する
10. Amazonアカウントの支払用クレジットカードにゴールドカードを登録
11. Amazonの支払用カードからテンポラリーカードとクラシックカードを削除する

なお、ゴールドカード申込時にAmazonプライムに既に加入している場合、自動的に日割りの年会費が返金されます。つまりプライム料金の二重課金にはならないので安心して下さい。

これで少しでもお得にAmazonライフを送りましょう!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です