サンウッドの決算資料を読んでみた。

サンウッド(8903)の決算資料を読んでみました。

まずは、四半期連結貸借対照表

資産の部については、前四半期 18,243,261(千円)⇒今四半期19,631,681(千円)と減少。

これは「不動産開発事業の棚卸資産の売却による売上高増加に伴い、現金及び預金が1,260百万円増加したこと」によるものとのこと。

負債の部については、前四半期14,439,396(千円)⇒今四半期 15,342,504(千円)と減少

これは「不動産開発事業の新規事業用地の取得等に伴い、借入金が749百万円増加したこと、及び新築分譲マンシ ョンの契約等により前受金が443百万円増加したこと」によるとのこと。

純資産の部については、前四半期3,803,864(千円)⇒今四半期4,289,176(千円)と増加

これは「四半期純利益の計上により利益剰余金が増加したこと」によるとのこと。

自己資本比率は21.8% (前年同期比+1.0%)

決算短信にキャッシュフローの記載がないため、各キャッシュフローの掲載は割愛

次に損益決算書

単位は千円

売上高        9,205,892 (前第3四半期:5,312,641)

売上原価       7,261,418 (前第3四半期:7,261,418 )

売上総利益      1,944,473 (前第3四半期:957,625 )

販売費及び一般管理費 1,075,843 (前第3四半期:954,714 )

営業利益       868,630 (前第3四半期:2,910)

営業利益は去年に比べ、+865,720(298.5倍)

営業外収益は2,283(前第3四半期:2,397)

去年に比べ、114

経常利益又は経常損失は、 720,224(前第3四半期:-145,787)

去年に比べ、866,011(大幅黒字転換)

純利益又は純損失は、603,705(前第3四半期:-147,504)

去年に比べ、+751,209(黒字転換)

決算書を読む限りは、良い決算ですね。

「WHARFシリーズ」が期初計画を上回って好調に販売できたことが大きく寄与していますね。

1月21日に業績見通しを上方修正していることから、明日は材料出尽くし売りが出るかもしれません。

また来期以降も販売が好調に続くかわからないため、業績が良いうちに売るファンド等がいるかもしれませんね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です