日置電機(6866)の決算資料読んでみた。

日置電機(6866)の決算資料を読んでみました。

まずは、四半期連結貸借対照表

資産の部については、前四半期 27,365,969(千円)⇒今四半期 27,963,638(千円)と増加。

これは「現金及び預金、建物及び構築物が増加したため」とのこと。

負債の部については、前四半期3,149,588(千円)⇒今四半期2,841,387(千円)と減少

これは「未払い法人税等及び未払金が減少したため」とのこと。

純資産の部については、前四半期24,216,381(千円)⇒今四半期25,122,251(千円)と増加

これは「利益余剰金が増加したため」とのこと。

次にキャッシュフロー(単位は千円)

営業CF

前年同期:3,845,837→今期3,282,286(前年同期比14.7%減 )

本業は前年より上手く行かなかった模様。減少要因は法人税等の支払いによるとのこと。

投資CF

前年同期:-121,812→今期-1,199,956(前年同期比9.85倍 )

今期はだいぶ投資を行った模様。有形固定資産の取得による支出等のためとのこと。

財務CF

前年同期:-884,118 →今期-1,293,089(前年同期比46.3%悪化)

配当金の支払が増えたため。

今期の配当金は1株90円だったが、次期は80円を予定しているとのこと。(-10円

次に損益決算書

単位は千円

売上高        22,810,112 (前12月期:23,288,338)

売上原価       12,744,832 (前12月期:12,924,737)

売上総利益      10,065,280 (前12月期:10,363,600)

販売費及び一般管理費 7,211,485 (前12月期:7,049,232)

営業利益       2,853,794  (前12月期:3,314,368)

営業利益は去年に比べ、-460,574(-13.9%)

営業外収益は144,273(前12月期:136,171)

去年に比べ、-8,102

経常利益は、2,967,233(前12月期:3,403,932)

去年に比べ、-436,699(-12.8%)

純利益は、2,197,437(前12月期:2,774,740)

去年に比べ、-577,303(-20.8%)

次期の業績予想は売上高238億円、営業利益33億4000万円、経常利益34億6000万円、純利益26億円を見込んでいるとのこと。

決算書を読む限りは、良くない決算ですね。

米中貿易摩擦による影響を受け、前期より利益が減少していますね。

次期の配当を10円下げたのは、今後もあまり強気になれないのかもしれませんね。

世界経済の回復を見込んで次期予想では今期よりプラスを見込んでいますが、日置電機の業績は外的要因が非常に大きいため、海外ニュースを常に見ておかないと、株価予想が難しくなりそうですね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です