ローツェ(6323)の決算資料読んでみた。

ローツェ(6323)の決算資料を読んでみました。

まずは、四半期連結貸借対照表

資産の部については、前四半期 47,319,473 (千円)⇒今四半期 51,249,286 (千円)と増加。

決算書によると、「受取手形及び売掛金の増加2,435百万円、建物及び構築物の増加 1,928百万円によるもの 」とのこと。

負債の部については、前四半期 23,378,000 (千円)⇒今四半期 24,244,817(千円)と増加

これは「 借入金の増加457百万円によるもの 」とのこと。

純資産の部については、前四半期 23,941,473(千円)⇒今四半期 27,004,468(千円)

これは「利益剰余金の増加3,945百万円によるもの 」とのこと。

キャッシュフローについては、決算短信に記載がないため割愛。

次に損益決算書

単位は千円

売上高         26,392,444 (前第3四半期:24,368,800)

売上原価       16,435,739 (前第3四半期:16,580,364)

売上総利益       9,956,704 (前第3四半期:7,788,436)

販売費及び一般管理費  3,689,788 (前第3四半期:3,397,576)

営業利益        6,266,916   (前第3四半期:4,390,859)

営業利益は去年に比べ、+1,876,027(42.7%増)

営業外収益は 131,246 (前第3四半期:594,966)

去年に比べ、-463720

経常利益は、 6,179,221(前第3四半期:4,887,294)

去年に比べ、+1291927(+26.4%)

純利益は、363,279(前第3四半期:3,803,917 )

去年に比べ、+ 4,377,273(+15.1%)

決算書を読む限りは、良好な決算ですね。

半導体関連装置の利益率が良かったことと、ベトナム子会社の新工場棟稼働に伴う生産効率改善が寄与したとのこと。

生産効率が改善したのは良いニュースですね。しばらくはこの新工場が良い影響を及ぼしそうですね。

今後の決算も期待したいですね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です