ティーライフ(3172)の決算資料読んでみた

ティーライフの決算資料を読んでみました。

まずは、四半期連結貸借対照表

資産の部については、前四半期6,229,092(千円)⇒今四半期7,457,118(千円)と増加。

これは主に固定資産が増加したため。決算書の説明では、土地が960百万円、その他が328百万円増加したためとのこと。

負債の部については、1,222百万円増加

これは長期借入金と流動負債がちょこちょこ増加したため。

純資産の部については、5百万円増加

これは利益余剰金が増えたため。

この結果、自己資本比率は61.7%

また、年間配当金は1株20円を予定

次に損益決算書

単位は千円

売上高        2,325,064 (前第1四半期:2,101,086)

売上原価       1,043,148 (前第1四半期:842,160)

売上総利益      1,281,915 (前第1四半期:1,258,925)

販売費及び一般管理費 1,200,628 (前第1四半期:1,151,527)

営業利益       81,287   (前第1四半期:107,397)

営業利益は去年に比べ、-26,110(24.3%減)

営業外収益は7,824(前第1四半期:15,968)

去年に比べ、-8144

経常利益は、88,435(前第1四半期:122,226)

去年に比べ、-33791(-27.9%)

純利益は、51,500(前第1四半期:71,521)

去年に比べ、-20021(-28.2)

決算書を読む限りは、悪い決算ですね。

すぐに減益の原因を突き止め対策しなければ、次回の決算で下方修正が出るのではないでしょうか。

黒字ではあるし、自己資本比率は60%以上あるため、会社が傾くとではないですが、年間通じてこのような決算が続くなら、配当金が減額となりそうな気もしそうです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です