ニトリホールディングス(9843)の決算資料読んでみた。

ニトリホールディングス(9843)の決算資料を読んでみました。

まずは、四半期連結貸借対照表

資産の部については、前四半期619,286(百万円)⇒今四半期659,859(百万円)と増加。

これは現金及び預金が393億16百万円増加したため。

負債の部については、前四半期119,094 (百万円)⇒今四半期113,160(百万円)と減少

これは未払法人税等が77億70百万円、未払金が53億12百万円減少したため。

純資産の部については、前四半期500,192(百万円)⇒今四半期546,699(百万円)

これは利益剰余金が458億8百万円増加したため。

決算短信にはキャッシュフローの記載がないため、各キャッシュフローに関しては割愛。 

次に損益決算書

単位は百万円

売上高        481,498 (前第3四半期:448,536)

売上原価       217,795 (前第3四半期:203,749)

売上総利益      263,702 (前第3四半期: 244,787)

販売費及び一般管理費 179,230   (前第3四半期:166,754)

営業利益       84,472 (前第3四半期:78,033)

営業利益は去年に比べ、+6,439(+8.3%)

営業外収益は1,924(前第3四半期:1,874)

去年に比べ、+50

経常利益は、86,043(前第3四半期:79,655)

去年に比べ、+6,388(+8.0%)

純利益は、57,507(前第3四半期:52,023 )

去年に比べ、+421,524(10.5%)

決算書を読む限りは、良好な決算ですね。

消費増税の影響を受けながらも営業利益で+8%、純利益で+10%の成長を続けているのは素晴らしいと思います。 

客数・客単価ともにプラスで売り上げが好調でしたね。

これは、取扱商品のバランスが良いことが要因ですかね。

また、海外展開も順調に進んでいそうですね

中国の店舗は3店舗減らすそうですが、海外展開が順調にいけば数年後にはグローバル企業として今よりも数段大きな企業になりそうですね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です