アダストリア(2685)の決算資料読んでみた。

アダストリア(2685)の決算資料を読んでみました。

まずは、四半期連結貸借対照表

資産の部については、前四半期91,263 (百万円)⇒今四半期99,913(百万円)と増加。

これは受取手形及び売掛金、たな卸資産、有形固定資産のその他が増加したため。

負債の部については、前四半期38,303 (百万円)⇒今四半期42,565(百万円)と減少

これは支払手形及び買掛金、未払金、流動負債のその他が増加したため。

純資産の部については、前四半期52,959(百万円)⇒今四半期57,347(百万円)

これは利益剰余金が増加したため。

決算短信にはキャッシュフローの記載がないため、各キャッシュフローに関しては割愛。 

次に損益決算書

単位は百万円

売上高        164,280 (前第3四半期:162,345)

売上原価       70,475 (前第3四半期:72,596)

売上総利益      93,805 (前第3四半期: 89,749)

販売費及び一般管理費 81,834   (前第3四半期:84,048)

営業利益       11,970 (前第3四半期:5,700)

営業利益は去年に比べ、+6,270(+110%)

営業外収益は336(前第3四半期:373)

去年に比べ、-37

経常利益は、11,871(前第3四半期:5,832)

去年に比べ、+6,039(+103.5%)

純利益は、6,908(前第3四半期:3,081)

去年に比べ、+3,827(124.2%)

決算書を読む限りは、かなり良好な決算ですね。

各ブランドの売り上げが大きく上がったのが要因ですね。

アパレル業界はEC化が顕著に進んでいる中、アダストリアの出店数はほぼ変わらずに推移していますね。

店舗数が変わらず売り上げも維持できれば、ECの売り上げ増加分だけ今後も利益の上乗せが望めそうですね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です